ココナッツオイル 保湿

乾燥の肌トラブルに!ココナッツオイルでバッチリ保湿

乾燥の肌トラブルに!ココナッツオイルでバッチリ保湿

ココナッツオイルの働きで注目されるのが、優れた保湿力です。
他の植物性天然オイルと比較しても、保湿力が高いので人気があります。
そのため、乾燥肌や乾燥が原因の肌トラブルを抱える方からも支持されています。

 

 

 

肌トラブルとココナッツオイル

肌の乾燥は、肌の水分と油分のバランスを崩し肌のターンオーバーも乱れさせます。
肌は、通常28日周期で新しい肌細胞が古い肌細胞を押し上げて、それをはがす事で新陳代謝をおこなっています。
しかし、肌のターンオーバーが乱れると古い肌細胞がはがれずに肌表面に残ります。

 

すると、さまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。
ココナッツオイル成分の約半分をしめるラウリン酸は、抗酸化作用や免疫力を強化する効能があります。
抗酸化作用は、活性酸素の増加を抑制して肌の水分保持能力を守ります。

 

また肌の免疫力を高め、肌の正常なターンオーバーの促進を促します。
そのおかげで、肌の保湿力が高まり乾燥肌や肌トラブルが改善され肌が健康な状態へと導かれるのです。

 

 

 

肌の保湿にココナッツオイルを使う

使用方法には、肌に塗る方法と食事で摂取する方法があります。
肌に塗る場合は、パッチテストをおこないアレルギー反応がでないかをまず確認しましょう。
また、有効成分の配合割合が高いヴァージンココナッツオイルなどを使用します。

 

洗顔後やスキンケアの後に塗り、保湿していきましょう。
化粧水や乳液と混ぜて使用するのも良いでしょう。
乾燥が激しい場合は、入浴1時間前にココナッツオイルを塗ってから入浴すると、角質がはがれやすくなります。

 

乾燥している肌は部分的に皮膚がはがれている場合が多いので、入浴前に乾燥部分の皮膚を全体的に柔らかくしてはがしていきます。
そうする事で、肌表面も整いスキンケアの効果も高まります。
入浴後も乾燥が激しい部分には、保湿の為にオイルをしっかりと塗りましょう。

ココナッツオイルの効果をより高めたい方には、体内から改善できる食事での摂取が良いでしょう。
料理油やサラダのドレッシング、温かい飲み物に入れて摂取します。

 

直接食べる方法やトーストなどに塗る方法も人気です。
1日大さじ2杯から3杯程度を目安に毎日摂取していきましょう。

 

 

 

⇒良質な物ほど肌に効く!新鮮な状態で腸まで届くココナッツオイル


関連ページ

紫外線
ココナッツオイルと紫外線について掲載しています。
トラブル肌
トラブル肌に効果的なココナッツオイルの使い方について掲載しています。
美容
ココナッツオイルの美容効果について掲載しています。
クレンジング
ココナッツオイルを使ったクレンジング方法について掲載しています。