ココナッツオイル 肌 使い方

トラブル肌に効果的なココナッツオイルの使い方

トラブル肌に効果的なココナッツオイルの使い方

日焼けをした後の消炎剤としてココナッツオイルが使用される事があります。
それは、ココナッツオイル成分の50%をしめるラウリン酸の効果からです。
ラウリン酸は、免疫力強化や抗菌作用、抗炎症作用などがあります。

 

その優れた成分から、最近ではココナッツオイルを身体や顔に塗って美容ケアをおこなう方も多いです。
ココナッツオイルには、美肌を作る上で必要不可欠なビタミン類や新陳代謝を高めるマグネシウム、むくみに効果のあるカリウムなども豊富に含まれています。

 

 

 

ココナッツオイルを塗る

使い方は、身体にココナッツオイルを塗り、温かいタオルで優しく拭き取ります。
ココナッツオイルは、メイク落としや保湿オイルにして使っている方も多いです。

 

メイク落としの際は、メイクや肌と良くオイルをなじませた後洗い流します。
化粧水や乳液とオイルを混ぜて肌に塗ると、保湿できます。

 

 

 

ココナッツオイルを飲む

ココナッツオイルは、食べたり、飲んだりして体内から栄養を摂取できるのも人気の理由です。
肌への効果は、豊富なビタミンEにより肌機能を高め、抗酸化作用があるので肌が美しくなります。
また、抗ウイルス作用があるので免疫力を高め肌機能が正常に働くように手助けしてくれます。

 

外部から栄養を与えるのも効果的ですが、体内から栄養分を補い体質改善できるので食べたり、飲んだりする方が効果的と言われています。

 

体内から栄養分を摂取する使い方は、精製したココナッツオイルの場合は無臭のものが多いので料理油に使用したり、ドレッシングにしたり、温かい飲み物に入れたりして摂取します。
ヴァージンココナッツオイルの場合は、直接食べるか温かい飲み物に入れて摂取しましょう。

 

トーストやバゲットに塗るのも良いでしょう。
温かい飲み物に入れる場合は、コーヒーや紅茶が人気ですが緑茶などに入れる方もいます。
1日大さじ2杯から3杯を目安に摂取しましょう。

 

食事前に摂取すると、食欲をおさえる効果もあります。
このようなさまざまな効果がありますので、スキンケアや食事にココナッツオイルを取り入れていきましょう。

 

 

 

⇒良質な物ほど肌に効く!新鮮な状態で腸まで届くココナッツオイル


関連ページ

保湿
ココナッツオイルの保湿について掲載しています。
紫外線
ココナッツオイルと紫外線について掲載しています。
美容
ココナッツオイルの美容効果について掲載しています。
クレンジング
ココナッツオイルを使ったクレンジング方法について掲載しています。