ココナッツオイル かゆみ

かゆみの元を塗って抑えるココナッツオイル

かゆみの元を塗って抑えるココナッツオイル

ココナッツオイルには、食べて美容や健康に良いだけでなく、塗ることで肌のかゆみを抑える効果もあります。
ですから、アトピーなどに悩まされる人も、天然由来の成分で安心な上に、かゆみを的確に抑制できるとして、注目を集めています。

 

 

 

優秀な2つの作用<抗炎症・保湿>

抗炎症作用

ココナッツオイルには、ラウリン酸と呼ばれる抗炎症作用を持つ成分が豊富に含まれています。
ほとんどの肌のかゆみは肌の炎症が原因となっています。
肌が乾燥などの原因によって敏感になり、ちょっとした刺激に対して反応して、炎症が起こってしてしまい、赤くなったりかゆみを感じたりします。

 

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、この肌の炎症を抑える働きがあり、これによりかゆみを抑えられるのです。
ココナッツオイルはそもそもの肌の炎症の原因である、乾燥にも働きかけます。

 

保湿作用

ココナッツオイルには高い保湿効果が期待できるのです。
乾燥に対して働きかけるので、肌環境を改善し、かゆみの根本原因をなくしてくれるのです。
ココナッツオイルを塗ってケアを続けると、かゆみが引くだけでなく、かゆみの元に作用し、徐々に改善していく効果も期待できるのです。

 

 

 

かゆみがひどい時の使い方

具体的な方法としては、まず乾燥している肌の部分や、かゆみが強い部分にココナッツオイルを適量塗ります。
肌を引っ掻いてしまっていて、肌の表面がめくれ、中の浸出液が漏れ出てしまっているような場合は、患部とその周辺にココナッツオイルを塗ります。

 

ココナッツオイルには天然の抗菌作用があるので、傷の周りで雑菌が増えるのを抑制し、傷の悪化を防いでくれます。
入浴後などがベストですが、乾燥やかゆみがひどい場合は、その都度患部に塗ることで、治りを良くします。

 

アトピーがひどい人は、入浴によって油分が失われるのを防がなければなりません。
そのためにも、入浴1時間前くらいにココナッツオイルを塗っておき、肌になじんだところで入浴すれば、ココナッツオイルが肌表面の皮脂を守り、入浴後の乾燥を防いでくれます。

 

一方で、ココナッツオイルは古い角質を柔らかくさせるので、入浴前に塗っておくことで汚れや角質が浮き、ぬるま湯で洗い流した際に肌に不要なものも除去してくれます。
これにより、肌がより清潔になり改善にもつながります。

 

 

 

このようにココナッツオイルをかゆみの元に塗ることで、

 

  • かゆみの抑制
  • 治癒の促進治

 

などの効果が期待できるため、アトピーの人やかゆみ、乾燥がある人にも人気があります。
市販薬と異なり肌に優しい天然由来で肌がデリケートな人も安心して使用できるのも嬉しいですね。

 

 

 

⇒良質な物ほど肌に効く!新鮮な状態で腸まで届くココナッツオイル


関連ページ

ニキビ肌
ココナッツオイルとニキビ肌について掲載しています。
乾燥肌
ココナッツオイルと乾燥肌について掲載しています。
敏感肌
ココナッツオイルと敏感肌について掲載しています。
アトピー
ココナッツオイルとアトピーについて掲載しています。
シワ
ココナッツオイルを使ったシワのケアについて掲載しています。
シミ
ココナッツオイルを使ったシミ対策について掲載しています。
日焼け
ココナッツオイルと日焼けした肌について掲載しています。
アレルギー
ココナッツオイルとアレルギー肌について掲載しています。