ココナッツオイル アレルギー

腸内環境を整えるココナッツオイルでアレルギーを抑制

腸内環境を整えるココナッツオイルでアレルギーを抑制

ココナッツオイルは腸内環境を整えるので、定期的に摂取することでアレルギーも抑制できます。
ココナッツオイルは、美容面でも注目を集めていますが、その健康作用にも大きな注目が集まっていて、話題としては落ち着いたものの、健康食品としては定番化するほどになりました。

 

なぜココナッツオイルがアレルギー対策につながるかというと、それは含まれる栄養素による腸内環境の改善によるものです。

 

 

 

免疫力を高めるラウリン酸という成分

ココナッツオイルには免疫力を高めるラウリン酸が含まれています。
ココナッツオイルを摂取することで体内にモノラウリンという成分ができますが、これは強い抗菌・抗ウイルス作用があるとされ、体内の免疫力を高める重要な働きをしています。

 

それは体全体の免疫力を左右するとされる腸内の善玉菌を増やして、一方で悪玉菌を減らすという働きです。

 

人の腸内には数多くの菌が生息しており、その菌の働きによって、食べたものが分解され、栄養が体中に行きわたるようになっています。
多数生息する菌の中には、人間の体に良くない働きをする悪玉菌もいます。

 

この菌が腸内で増えると、体内に必要な栄養が摂り込まれなくなり、人間が本来持っている免疫力が低下し、これによりアレルギーなども起こってしまいます。
普段の生活の中で、腸内の善玉菌のみを育て、悪玉菌のみを取り除くことは難しく、バランスを保っていかなければならないのです。

 

 

 

ココナッツオイルを摂取することで、皮膚の乾燥したところや炎症が起こっている部分にココナッツオイルを塗るのと同じように、ココナッツオイルの持つ抗炎症作用や保湿効果が腸内でも期待できます。
腸壁の炎症を抑えることで、腸の働きを良くし、善玉菌が増えて悪玉菌を減らし、腸内の環境を整えてくれるのです。

 

栄養をきちんと摂りこめるようになると、肌の状態も良くなり、本来の免疫力を取り戻して、アレルギーを改善できるのです。

 

 

 

ココナッツオイルの正しい摂り方

このように腸内環境を改善してくれるココナッツオイルですが、具体的には1日大さじ2杯を目安に摂取することが好ましいとされています。

 

オイルの持つ栄養素を失わないためにはできるだけ生の状態での摂取が良いです。
直接飲んだり、ドレッシングなどに混ぜたりして、できるだけ低温で摂取できるようにするとより効果が期待できるでしょう。

 

カロリーが気になる人も安心してください。
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸の多い油なので、体内に蓄積されにくいのです。

 

ダイエットをしながらでもできる健康方法なので、カロリーが気になる人も安心してココナッツオイルを毎日摂取する健康方法を実践できます。

 

 

 

⇒良質な物ほど肌に効く!新鮮な状態で腸まで届くココナッツオイル


関連ページ

ニキビ肌
ココナッツオイルとニキビ肌について掲載しています。
乾燥肌
ココナッツオイルと乾燥肌について掲載しています。
敏感肌
ココナッツオイルと敏感肌について掲載しています。
アトピー
ココナッツオイルとアトピーについて掲載しています。
シワ
ココナッツオイルを使ったシワのケアについて掲載しています。
シミ
ココナッツオイルを使ったシミ対策について掲載しています。
日焼け
ココナッツオイルと日焼けした肌について掲載しています。
かゆみ
ココナッツオイルと肌のかゆみについて掲載しています。