ココナッツオイル 敏感肌

こんな敏感肌にはココナッツオイルがオススメ

こんな敏感肌にはココナッツオイルがオススメ

ココナッツオイルは、アトピーや水でも水でもしみる肌などさまざま敏感肌に効果的です
それは、ココナッツオイルの主成分であるラウリン酸には抗菌、抗炎症作用や免疫力を強くする効果などがあるからです。

 

 

 

トラブル肌とココナッツオイルの成分

ラウリン酸は、母乳にも含まれている成分です。
免疫力低下が原因となるアトピーなどの敏感肌には、免疫力を強化して肌のバリヤ機能を高めていきます。

 

免疫力が向上すると、肌細胞が元気になって肌の機能が正常化して肌の新陳代謝も促進されます。
すると、健康で美しい肌が保てます。
肌の免疫力が低下すると、毛穴から菌などが侵入して肌トラブルとなります。

 

また、肌トラブルが脳に伝わりにくくなるので肌トラブルが繰り返す悪循環におちいってしまいます。
しかも、免疫力低下は紫外線や加齢、ストレス、食生活の乱れなどでも進行します。

トラブル肌対策として、天然成分ならではの保湿力やラウリン酸が活性酸素の増加を抑えて、肌の水分保持力を維持する効果などがあります。
またココナッツオイルは、ビタミンEも多く含んでいますので肌トラブル全般に効果があります。

 

ビタミンEは、抗酸化作用や肌の血行促進作用などもあり、ニキビや吹き出物ができやすい敏感肌にも効果的に働きかけます。

 

 

 

敏感肌にはこんな使い方が効果的

ココナッツオイルは、直接肌に塗って使用可能です。
また、食事などで体内から摂取する事も可能です。

 

化粧水や美容液代わりに

肌に塗って使用する場合は、必ずパッチテストをおこない未精製のヴァージンココナッツオイルを使用しましょう。

 

なぜなら未精製のオイルは添加物が含まれておらず無精製の非加熱処理で抽出されているので、ラウリン酸やビタミンEを豊富に含み、防腐剤も必要ないからです。
使用方法は、洗顔後や化粧水などの後に少量のココナッツオイルを手に取って直接塗りましょう。

 

飲む美容液として

有効成分をより効果的に取り入れるには、食事に利用して体内から摂取します。
その場合は、温かいコーヒーや紅茶に入れて飲んだり、トーストに塗ったり、そのまま食べましょう。
1日の摂取目安量は、大さじ2杯から3杯が良いでしょう。

 

食事前に摂取すると、食欲をおさえる効果もあります。
敏感肌でも安心して使用できるココナッツオイルを、毎日の食事やスキンケアに取り入れましょう。

 

⇒良質な物ほど肌に効く!新鮮な状態で腸まで届くココナッツオイル


関連ページ

ニキビ肌
ココナッツオイルとニキビ肌について掲載しています。
乾燥肌
ココナッツオイルと乾燥肌について掲載しています。
アトピー
ココナッツオイルとアトピーについて掲載しています。
シワ
ココナッツオイルを使ったシワのケアについて掲載しています。
シミ
ココナッツオイルを使ったシミ対策について掲載しています。
日焼け
ココナッツオイルと日焼けした肌について掲載しています。
かゆみ
ココナッツオイルと肌のかゆみについて掲載しています。
アレルギー
ココナッツオイルとアレルギー肌について掲載しています。